Biography 

 

古谷 淳(ふるや じゅん):ピアニスト/作曲家 高校より渡米。オハイオ州グレンオークハイスクールのビッグバンドのピアニストとしてアメリカ国内と カナダで演奏。カリフォルニアのオレンジコーストカレッジに進学後ボストンのバークリー音楽院へ編 入。ジェフ・コヴェル氏、ケニー・ワーナー氏に師事。バークリー在学中よりプロとしてボストン、ニュ ーヨークを中心に音楽活動を始める。コンサート、レコーディングに多数参加しトップジャズミュージシ ャン達と交流、共演を重ねる。2000年に米国アーティスト・ビザ取得後はアメリカのみならず日本、カナ ダ、韓国でも演奏活動を行う。2005年より活動拠点を日本に移す。出身地山梨県に家族と共に居住しなが ら現代の日本のジャズのメジャーシーンで精力的に活動中。演奏者としての独特なスタイル、作曲家とし ての感性に高い評価を得ている。大村亘(ds)、平麻美子(v)、松下マサナオ(d/ YaseiCollective)、ら数多くのグループで活躍する傍ら、音楽教室を主宰。クリニックやコン ペティションの選考委員、学校でのコンサート等後進の指導や音楽を通じた育成活動にも積極的に参加し ている。新進気鋭のミュージシャンが名を連ねるジャズ・レーベルD-MUSICAから1stアルバム 「Exprimo」(2009)をリリース。レーベル主宰者でもあるベーシスト安カ川大樹のアルバム「Trios」 (2010)に参加。同レーベルから2ndアルバム「HomeSongs」(2011)をリリース。(*収録曲『Home』は 2014USASongwritingCompetitionにてファイナリスト選出)NYCで活躍のシンガー平麻美子のアルバム 「HeartsCalling」(2015)に参加。2017年、未知のジャズをテーマに国内外から厳選した音楽をジャンル に囚われることなく届けるソングエクスジャズ社より最新リーダーバンド「TheOthersideQuartet」の1st アルバム『Southbound』リリース。第9回富士山・河口湖映画祭グランプリ作品『春待ちかぼちゃ』(五藤利弘監 督)音楽担当。 毎週月曜日21:30放送のYBSラジオ番組Southboundナビゲイター。2020年春、自身初となるソロ・アルバム『Jun Furuya Piano Solo』をリリース。
 
 
参加イベント、フェスティバルなど

八ヶ岳ジャズフェスティバル

すみだストリートジャズフェスティバル

北軽井沢ジャズフェスティバル

中野ジャズストリート

甲府ジャズストリート

宇都宮 ミヤ・ジャズ

横浜ジャズプロムナード

韓国ジャラサムジャズフェスティバル

グアム アサンビーチ make-a-wish 2010

メディア

NHK FM セッション2012、2013、2016

 ゴンチチ“世界の快適音楽セレクション”

FM東京 musicbird “イントロに気をつけろ“

YBSラジオ 765モーニング

NHK BS エル・ムンド

UTY 音楽の風

雑誌  ジャズ批評

     ジャズライフ

     CDジャーナル

     晴耕雨読  他

 

 

Jun Furuya pianist/composer/educator
 
Studied at Berklee school in Boston w/ Jeff Covel.
Started playing professionally,while he was a student at Berklee.
During his years in Boston, Jun played with Boston's young jazz stars including Darren Barrett,Warren Wolf, and many others. In 2004, Jun moved back to Japan.
Currently, Jun plays at various venues in Tokyo, and tours all around Japan with numbers of Japan's leading Jazz players and groups.

© 2023 by Classical Musician. Proudly created with Wix.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now